頭頂部が薄毛女性のための育毛剤とは

頭頂部に生えている髪の毛はシャンプーなどで1日に100本ほどは抜けるようですが、
この原因と対策についてまとめてみました。

 

頭頂部の抜け毛の原因を解明

頭頂部の抜け毛の原因は主に女性ホルモンの減少、頭皮の血行不良と
毛母細胞の機能の低下です。
なお、女性の場合毛母細胞の機能低下の原因は頭皮の血行不良です。
したがって、頭頂部の抜け毛の原因は女性ホルモンの減少と頭皮の血行不良ということになります。

 

女性ホルモンが減少する理由を探る

端的に言うと女性ホルモンの減少には卵巣が関係しています。
多くに人は40代に入ると卵巣の機能が低下し始め、
卵巣の機能低下が女性ホルモンのバランスの乱れを誘発し、更年期障害が起きます。

 

頭皮の血行不良の理由を探る

頭皮の血行不良の原因にはストレスや喫煙、
あるいは睡眠不足や不規則な食生活があります。

 

頭頂部の薄毛の効果的な改善方法

まずは髪の毛に必要な栄養素をバランス良く摂取することが大切です。
髪の毛に必要な栄養素には鉄分や亜鉛、ビタミン類などがあります。
まずは身体を健康的にと持つためにバランスの良い食事を摂ることが
抜け毛を改善することになります。

 

毎日の食生活でバランスの良い栄養素を取るのが難しい場合は
育毛サプリメントも有効的です。

 

頭皮の血行不良を改善する方法

頭皮の血行不良を改善するには、シャンプーと頭皮マッサージが有効です。
女性用の育毛シャンプーで頭皮に潤いを与えるようにしましょう。
なおアミノ酸シャンプー等がおすすめで、
シャンプーの後の頭皮マッサージには育毛剤を使うようにしましょう。

頭皮環境を整えるためにするべきこと

どんなタイプの抜け毛や薄毛だとしても、
必ず功を奏するのが「頭皮環境の良化」です。
そのためには、具体的に何を行うべきなのでしょうか?

 

頭皮環境とは

血流、肌荒れ、水分の状態、皮脂の状態、衛生環境などを総称して
頭皮環境と呼びます。

 

「頭皮環境が良い」とは、このようなものが適切な状態をキープしている事であり、
「皮脂が無くて潔癖な環境」が必ずしも良いとは言えません。

 

頭皮の衛生面のケア

頭皮環境の良化の基本は、清潔さをキープする事です。
頭皮には常に、肌の新陳代謝による角質、皮脂、
外気中のゴミ、汚れなどが蓄積しています。
これを除去するのがシャンプーです。

 

シャンプーの広告のせいで「髪を洗う」というイメージが強いかもしれませんが、
重点的に洗浄すべきなのは頭皮なので、確実に頭皮を洗浄して十分すすぎ、
シャンプーが残存しないようにしましょう。

 

頭皮の皮脂ケア

頭皮環境に関しては皮脂も勿論大切です。
皮脂は皮膚の乾燥を防止するためにも発生していますし、
皮膚を外の刺激から保護してもいます。

 

ただ、発生し過ぎれば毛穴を塞いで肌荒れの要因になったり、
毛髪の育成を阻害する事もあります。

 

皮脂ケアの基礎を、丁寧にシャンプーで洗浄する事ですが、
強力なシャンプーを1日に何度も使用すると、水分をキープするための皮脂まで消え、
むしろ頭皮に悪影響を及ぼすので適切に施しましょう。

 

加えて、糖分の多いものや脂質が多いものばかり食べていると、
身体中、そして勿論頭皮の皮脂の量が増加すると見られていますので、
食生活にも気を配りましょう。

 

頭皮の保湿ケア

頭皮の水分の状況も非常に重要です。
頭皮も皮膚の一部ですから、水分が不足すると、
その分外からのダメージに弱くなります。

 

皮膚に関しては、水分が適切にあることによって、保護作用が生まれ、
外からの刺激への抵抗力も上がります。

 

頭皮についても十分に保湿すれば、健全な状態をキープする事が可能です。
頭頂部が薄毛の女性の対策も、保湿は重要になります。

 

頭皮の肌ケア

頭皮の肌ケアも当然必須です。
外からのダメージが要因の怪我などは、きちんと治癒させないと、
育毛機能が停止する可能性もあります。

 

さらに、乾燥、痒み、ニキビなどの肌の問題は頭皮にも生じますから、
このようなものが生じたら即座に治すように心がけましょう。
このような頭皮のトラブルが細胞の加齢を加速させ、抜け毛を悪化させます。

 

顔などと同じくスキンケア用のアイテムは豊富に出回っているので、
上手に使いこなしましょう。

 

頭皮の血流ケア

育毛に関しては血流も非常に重要です。
血流が良いと新陳代謝が良くなり、毛髪に栄養が供給され、健全な頭皮になります。
ですから、大部分の育毛剤には血流促進成分が入っています。

 

血流対策としては、肩や首のマッサージで凝り固まった筋肉をほぐすのが良いでしょう。
これにより、頭部への血行が良くなります。

 

また、血液自体が流れやすくなるように、脂質や糖質を減らし、
サラサラな血液を目指す事も重要です。

 

お風呂で体温を上げる事も大切ですし、運動の効果もかなり高いです。

 

更新履歴